タバコを吸う人は水分補給を

喫煙 タバコには、ニコチンやタール、一酸化炭素などの有害物質が含まれています。 一説には200種類以上もの有害物質が含まれているとか。

このうち、タバコに含まれるニコチンには、強力な利尿作用があります。

タバコには毛細血管を収縮させる作用もあり、体内の水分が尿となって排出されてしまうと、 代謝が悪くなって血液がドロドロの状態になってしまいます。

その結果、動脈硬化や心筋梗塞、がんなどを引き起こしやすくなってしまうのです。

いちばんは吸わないことがよいのですが、どうしても禁煙できない人は、 アルカリイオン水やバナジウム水などで水分補給しておきましょう。

水を飲むことで、タバコに含まれる有害物質を洗い流すことができると言われています。

水を飲んで禁煙に成功!?

ヘビースモーカーが禁煙することは簡単ではありません。 多くの人はニコチン依存症の状態に陥っているので、自分の意志だけではなかなかたばこをやめられないのです。

世の中には数多くの禁煙法がありますが、オススメなのが水を飲んで禁煙するという方法です。 タバコを吸いたい衝動にかられた時、ゆっくりと水を飲めば、喫煙衝動を抑えてくれることができます。

また、体内のニコチン濃度を低下させることになり、徐々にタバコの本数を減らすことが可能となるのです。 酸素不足を防ぐためには「酸素水」も有効です。

ミネラルウォーターを飲む習慣をつけて禁煙に成功した人もいるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサード リンク

このページの先頭へ