お酒を飲む前に水を飲もう

アルコール 仕事の後のビールなど、お酒を飲んでいるときは楽しいものです。
しかし、飲んだ後の悪酔いや二日酔いには悩ませられます。

実は、お酒には体の水分を奪うという性質があります。 体温を上げて代謝を活発にし、発汗を促し、利尿作用が働くためです。

お酒を飲んでいるとトイレに立つ回数が増えたり、 飲んだ後に喉の渇きを覚えた経験のある人も多いのではないでしょうか。

アルコールによって水分が奪われると血流が悪くなります。 それが悪酔いや二日酔いの原因になってしまいます。

これを防ぐためには、お酒を飲む前にミネラルウォーターでしっかりと水分補給しておくことです。

また、お酒を飲んでいる最中にも「チェイサー」として水を飲む習慣をつけましょう。 バーでもチェイサーとしてグラスに入った水を用意してくれます。 水以外にもミルクやお茶でもかまいません。

二日酔いになってしまったら?

お酒を飲む人なら、二日酔いのつらさは十分に分かっているでしょう。 とくに二日酔いの朝は、頭が痛くて気持ち悪く、何も食べられません。

これは、体内で生成されるアセトアルデヒドが、分解されずに血液中に残っているためです。

そこで、水を飲んでアセトアルデヒドを体から排出させましょう。 ふつうの水でもいいですが、アルカリイオン水や海洋深層水などが適しています。

ただし、胃がムカムカしているときは、ミネラルウォーターよりもスポーツ飲料のほうが好ましいです。

お酒を飲むときに最適な水

●アルコールを飲む前に
体に負担の少ない軟水を飲んで水分補給しておきましょう。

●甘口のお酒を飲むとき
硬度が低い軟水の甘みは、甘口の日本酒の味わいを引き立てます。

●辛口のお酒を飲むとき
硬水のミネラル分が、アルコールの刺激をやらわげてくれます。 飲みやすさもアップします。

●二日酔いのとき
寝起きにコップ1杯、アルカリイオン水や海洋深層水を飲みましょう。 前もって準備しておきましょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ