水は温度で味が変わる!

水の温度 よく「都会の水道水はまずい」と言われますが、ちょっとした工夫を知るだけで水をおいしく飲むことができます。

そのポイントとなるのが「水の温度」です。

水をおいしく飲むためには、元からおいしい水を選ぶことも大切ですが、適した温度で飲むことも重要です。

水の温度と聞いても大した事のないように思うかもしれませんが、実はこれが味覚と深く関わっています。 というのも、人間の味覚は温度にとても敏感なのです。

人間は、体温と同じくらいの温度である約36度のときに、最も強く甘みを感じることができます。
そして、塩気と苦味は、温度が低いほど強く感じますが、温度が高くなるにつれ、感じにくくなっていきます。 水をおいしく飲むためには、甘みを感じる温度にするとよいでしょう。

しかし、いくら甘みを感じても、36度の生温かい水はおいしくありません。 人間が心地よく感じる冷たさは、一般的に5~12度だと言われています。 この温度を基準に、夏や冬で温度を調節するとベストです。

なお、あまりに冷たすぎると、胃や腸などに負担がかかってしまいます。 水の甘みも感じられませんので注意してください。

水の種類によって最適な温度が異なる

「もっとこだわっておいしく水を飲みたい!」という方は、水の性質によって温度を変えてみましょう。

●軟水
適温 夏:7~12度 冬:15~18度
軟水はミネラル分が少ないので、味わいが繊細です。常温で飲むのがオススメです。夏場は冷やすとよいでしょう。

●硬水
適温 夏:7~10度 冬:12~15度
硬水はミネラルが豊富なので、軽く冷やすと飲みやすくなります。 ただし、冷やし過ぎると人によっては苦味を感じるようになります。

●炭酸入り
適温 7~12度
スパークリングタイプの水は、炭酸の刺激をおいしく味わえるように、少し冷たくしたほうがよいでしょう。 色つきのワイングラスで飲むと、見た目も華やかです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ