水道水は安全ではありますが・・

イメージ画像 私たちは、水道の蛇口をひねればいつでもすぐに水を使うことができます。 水道水は、料理やお風呂、洗濯などにはなくてはならない重要なものです。

しかし、直接飲み水として使用する人は今ではすっかり少なくなりました。 とくに都会の水道水の場合、「まずくて臭い」というイメージがとても強いと思います。 その原因となっているのが"カルキ"です。

カルキとは石灰に塩素を吸着させたもので、水に溶かすことで汚れをとったり殺菌する働きがあります。 都会の水が田舎の水よりもまずいのは、水質がよくないのでカルキの量がどうしても増えてしまうためです。

なかには「完全に汚れを取り除かなくても、おいしい水が飲みたい」と考え、 カルキの量を減らしてほしいという人もいるでしょう。 しかし、安全な水を供給するためには、どうしてもカルキは欠かせないのです。

また、日本の法律では、蛇口の先にまで塩素が残っていなければならないと決められているのです。 カルキが入っていなければ法律違反になってしまうのです。

ただ最近では、性能の高い高度浄水処理施設ができているため、昔よりは格段に味がよくなってきています。 「まずい」という声が多い水道水ですが、少しずつ改善されてきています。

水道水のメリット・デメリット

メリット
デメリット
・安全性が高い
・コストが安い
・体に有害な細菌や物質を除去できる
・おいしくない
・独特の臭いがある
・お茶や料理の味を損なうことがある
・発がん性物質のトリハロメタンができる

発がん性物質?トリハロメタンとは何か?

水道水の最大のデメリットは、まずく感じたり、臭いが気になるということではありません。 発がん性物質である「トリハロメタン」が含まれていることです。

トリハロメタンは、集中力低下や疲労感、イライラ、うつ病に関係しています。 そして、アトピー性皮膚炎や喘息を悪化させ、体内の中枢神経や臓器に大きな負担をかけてしまいます。

もちろん、水道水の安全基準はかなり高く設定されており、体に害を及ぼさない値に規制されています。 ただ、人体によくない物質が体内に入っていることは事実なのです。

トリハロメタンを除去したい場合は、30分ほど煮沸させるか、活性炭式の浄水器を使う方法があります。 ウォーターサーバーを利用してミネラルウォーターを使用するのであれば、手間がかからないのでおすすめです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ