温泉水とは?

イメージ画像 日本人は温泉が大好きで、旅先での体の疲れを癒すにはもってこいですね。 実は温泉は入るだけではなく、飲むこともできるのを知っていましたか?

人によっては温泉を飲んだ経験がある人も多いと思います。 最近は、飲用の温泉水がペットボトルで市販されており、 温泉の効能を入浴だけでなく、飲んで内側から治療できるとあって人気です。

温泉水はマグマによる地熱で温められた地下水なので、 ナチュラルミネラルウォーターに分類されます。

ちなみに、ヨーロッパでは温泉水を飲んで、効率よくミネラル成分を体内に取り入れ、 体の中から病気を治す「飲泉法」という治療法がごくふつうとなっています。

日本では温泉水を飲むという習慣がほとんどありませんが、 さまざまな恩恵を受けられるので、ぜひ取り入れてみましょう。

温泉水の効能

胃腸の調子を改善

胃腸の調子が悪いときは、「炭酸水素塩(重炭酸塩)泉」が効果的といわれています。 消化器系の炎症などには、「アルカリ性単純温泉」が適しています。

便秘症の人

便秘気味の人には、「硫酸塩(サルフェート)泉」が効果的といわれています。

泉質で飲めるものと飲めないものがある

温泉水といっても、すべてのものがそのまま飲めるわけではありません。 成分によっては、味や臭いの刺激が強すぎたり、人体の許容量を超えるミネラルが含まれているので、 飲用には適していない場合もあるのです。

市販されている温泉水は、人体に悪影響がないようにしっかりと加工しているので心配はありません。 通常のミネラルウォーターと同様に飲むことができます。

旅先などで温泉水を飲む際は十分な注意が必要になります。

スポンサード リンク

このページの先頭へ