硬水と軟水について

イメージ画像 普段何気なく飲んでいる水ですが、ミネラルウォーターなどを手にとったとき、 「硬水」「軟水」という表記に疑問を感じたことはありませんか?

実は水には「硬度」というものがあります。 硬度とは、水1000ml中に溶けているカルシウム(イオン)とマグネシウム(イオン)の量を表した数値です。

この数値が120mg/l未満を軟水、それ以上の数値のものを硬水と呼んでいます。 一般的には硬度が高いほど飲みにくく、低いほどクリアな味で飲みやすいといわれています。

硬度の計算方法

  • 硬度=(カルシウム量mg/l × 2.5)+(マグネシウム量mg/l × 4.1)

硬水と軟水の基準(WHO世界保健機関による基準値)

水の分類
軟水
硬水
硬度 0~60mg/l未満(軟水)
60~120mg/l未満(中軟水)
120~180mg/l未満(硬水)
180mg/l以上(超硬水)

どうして硬水と軟水ができるの?

同じ水なのにどうして硬度に違いが出てくるのでしょうか? それには水源の環境が大きく影響しています。

水の豊富な日本では、各地に天然水が湧き出しています。 天然水とは、地中に染み込んだ雪や雨水が地層中で汚れをろ過していき、代わりにミネラルを吸い取って湧き出したものをいいます。

水が浸透する地層にカルシウムやマグネシウムが多く含まれていれば硬度が高くなり、少なければ低くなります。 また、長い時間をかけて浸透させるほど硬度が高くなり、短い時間だと低くなります。

日本で軟水が多いと言われる理由は、国土が狭く地中を浸透する時間が短いからです。 反対にヨーロッパなどでは硬水が多く採水されています。

硬水と軟水の違い

軟水の特徴
硬水の特徴
・カルシウム、マグネシウムが少ない
・味にクセがなくまろやかで飲みやすい
・お茶やコーヒーなどに適している
・赤ちゃんの粉ミルクを作るのにも適している
・ミネラル分があまりないので、利尿作用などには期待できない
・カルシウム、マグネシウム、他のミネラルも多い
・マグネシウムが多いと苦味が強く味にクセがある
・健康のためのミネラル補給に適している
・マグネシウムが多すぎると胃腸障害を起こす場合がある

スポンサード リンク

このページの先頭へ