アルカリイオン水とは?

イメージ画像 最近では、ミネラルウォーターのラベルや、浄水器の機能などでアルカリイオン水という言葉をよく耳にするようになりました。

なんとなく健康によさそうというイメージがありますが、その正体はどうなっているのでしょうか?

アルカリイオン水とは、水にカルシウム化合物を添加させ、電気分解した水をいいます。 でもこれだけではサッパリ分からないかもしれませんね。

アルカリとは、水分中の水素イオンの濃度指数の度合いを示すものです。 この指標を「pH(ペーハー)値」といい、pH7の中性を基準にして、値が0に近いものを酸性、14に近いものをアルカリ性といいます。

健康な人の体液は、pH値が7.4と弱アルカリ性なので、アルカリイオン水は相性がよいといわれているのです。

アルカリイオン水の作り方は、原料となる水に電気を流すことからはじまります。 陽性電極(+)と陰性電極(-)を水につけて直流の電流を流すと、 水の中の(+)の電気は陰性の電極に、(-)の電気は陽性の電極に引き寄せられます。

この陰性電極に集まった水がアルカリイオン水というわけです。 カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

アルカリイオン水にはどんな効果効能があるの?

アルカリイオン水には、疲労回復、下痢や胃酸過多、アトピー性皮膚炎、便秘に効果があるといわれています。 また、脂肪がたまりにくくなったり、高血圧や老化を防ぐなど、美容と健康によいことがわかってきています。

これらの効果の要因については、様々な仮説が提唱されていますが、 現時点では医学的にはっきりと解明されていない部分も多いようです。

ただ、アルカリイオン水が体によい影響を与えていることは間違いありません。 これからさらに研究が進めば、詳しいメカニズムも解明されてくるでしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ