購入とレンタル、どっちを選ぶか

イメージ画像 ウォーターサーバーを家庭やオフィスで利用するには、本体を購入するかレンタルするという2つの方法が考えられます。

購入してしまえば、あとは毎回購入して送られてくる水を交換するだけになりますが、 レンタルの場合は月額の利用料金がかかります。

それを考えると、まとめて買ってしまったほうが良いと考える人もいるかもしれません。

しかし、レンタルにも利点が多く存在していることも、 導入を検討する段階で頭に入れておく必要があると言えるでしょう。

はじめて利用する人はレンタルがおすすめ!

結論から言えば、現在主流となっているレンタルをおすすめします。 とくに、初めてウォーターサーバーを導入しようと考えている方は、まずレンタルをして様子を見るほうがいいでしょう。

ウォーターサーバーのレンタルをしたならば、月額の利用料金を支払うことになりますが、 解約や変更ができるということを利点として上げられます。

利用状況などから、これなら個別にペットボトルで買ったほうが良いと考えるならば、 解約して引き取ってもらえばいいでしょう。

また、水質などから自分に合わないなと考えるならば、 ほかのメーカーに変更することも可能になります。 購入してしまうと、そのメーカーのものをずっと使い続けないと元が取れないというわけです。

また、ウォーターサーバーの本体を無料で貸し出しているメーカーもあります。 まずはそういったところから試しに利用してみるのもいいでしょう。 そのうえで、水の種類や料金体系などを調べながら、ほかのメーカーのものをチェックしていくのです。

何年も同じものをずっと使い続けるならば、最初に購入してしまうのも1つの手ではありますが、
レンタルから始めるといった人も多くいるのです。

また、メンテナンスのサービスについても事前にチェックをしておいたほうがいいでしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ