メリットは非常に多い

イメージ画像 ウォーターサーバーを導入する家庭やオフィスが増えてきたのには理由があります。

もちろん、いつでも美味しい水が飲めるといった点がなによりの理由として考えられますが、 それ以外に衛生面や経済的な側面からも利用者に評価されているのです。

また、卓上に置けるタイプなど、狭いスペースでも設置が可能なことも大きなポイントとしてあげることができるはずです。 コンパクトサイズのものならば、必要なスペースは雑誌1冊分にすぎないのです。

そして、ウォーターサーバーを導入するそれ以外の利点としては、 ペットボトルで何本も購入する手間が省けること、そして蛇口に付けっぱなし浄水器よりも衛生的であることがあげられます。

さらに、電源を入れておけばお湯を沸かす必要もありません。 電気ポットを利用するよりも、節電にもなると言われています。

ほかにも、プラスチックゴミを大量に出さないという点についてもあげることができるでしょう。
飲み水を買うたびにペットボトルを購入していたのでは、ゴミも溜まりますし、コストもかかるというわけです。

1ヶ月の電気代で比較をするならば、電気ポットは1000~2000円くらいになりますが、 ウォーターサーバーならば1000円弱で使い続けることができるのです。

ペットボトルの水を購入して、ポットも利用してということを考えれば、 始めからお湯もでるタイプのものを導入してしまったほうが、経済的だと言えるのです。

また、子供がいる家庭などでは、ジュースなどを飲ませるよりも、 キレイな水を飲ませていたほうが健康にも良いということが言えるでしょう。

デメリットはあるの?

ウォーターサーバーには、大きなデメリットといえるものはほとんどありません。

ただ、普段それほどミネラルウォーターを使用することがない人が設置した場合、 多少割高になってしまう可能性があります。普段よく使う人は問題ありません。

また、コンパクトになったとはいえ、少なからず新たな設置スペースを用意しなければなりません。 電気ポットを使っていたのであれば、そのスペースを利用するとよいでしょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ